Top > 英語学習のツボ > 英語を学ぶ人に、絶対にお奨めすること

英語を学ぶ人に、絶対にお奨めすること

海外出張の命を受ける人なら、ある程度英語力を評価されているのではないかと思うのですが、

会社というところは、なにも英語ができるから「行ってこい!」と言うわけじゃなくて、仕事が出来るから出張を命じるんですね。

先ずはそれを誇りに思うことが大切だと思うのですが、英語力は上げておくに越したことはないです。

僕が以前勤務していた会社では、海外出張で単独渡航が承認されるのは TOEIC 600点以上で、複数の社員で参加してその中に英語力をサポートできる人がいる場合はTOEIC スコアは不問、という内規がありましたが、これも一緒に渡航する人同士、迷惑なお話かもしれませんね。

何はともあれ英語力を上げ、その力を客観的数値で示しておくことは大切だと思います。

英語の勉強方法に王道は無く、コツコツと努力するしかないと思いますが、効果的な道順としては

「ボキャブラリービルディング」すなわち単語力の強化が一番と信じています。

英語の勉強の仕方に相談を受けることも多いのですが、「何はなくとも単語力」と言い切ってます。

ヒアリング力も大切ですが、意味がわからなくてはヒアリングもへったくれもないし、書くにしても喋るにしても、正しい単語、少なくとも間違っていない単語を知っていないとコミュニケーションになりません。

「オレ英語苦手だけど、単語の羅列でなんとかコミュニケーションできてる」という人がいますが、確かに

カタコトでも単語をよく知っていて、正しい意味を理解している人は本当にコミュニケーションできています

凄いな、と思うことがあります。

一方、単語力が限られている人は、羅列というほど単語の選択肢に幅がなく、コミュニケーションが破綻しているケースをよく見かけます。

ボキャブラリーが豊富になってくると、読む、聞く、というインプット側のストレスが少なくなってくるので、総合的に英語力が向上してくるというのが経験上信じていることです。

限られた時間で英語を勉強するなら、先ずはボキャブラリーの増加からお奨めします。

 <  前の記事 時差ぼけに特効薬無し  |  トップページ  |  次の記事 アメリカ人の味音痴、日本人の服装音痴??  >