Top > ビジネスパーソンのお作法 > アメリカ人の味音痴、日本人の服装音痴??

アメリカ人の味音痴、日本人の服装音痴??

あまりにも独断と偏見に充ち溢れる発言かもしれませんが、アメリカに20年間住んでいる日本人の方がズバリこう言っていました。

アメリカと日本では、子供の頃に親からアレコレ言われる分野が違う、ということに起因しているらしいです。


確かに、アメリカの家庭ではあまり食事に気を遣わない風潮がありますね。

食事が粗末という意味ではなくて、それなりに素晴らしい食文化があるのですが、普段の生活ではとにかく「手抜き」です。

学校に持っていくお弁当にしても「Lunch Manch」なんていうスーパーマーケットで売っている箱入りのお手軽パック(ビスケットとかチーズなんてものが入っているだけです)で済ませることもあるし、近所の子が遊びに来て夕食を出すなんて時もピザの宅配とっておしまい、てな具合です。

そのせいか、食の素材に対する配慮が無いというか・・・・、「自分の好みに合えば何でもアリ」という感覚で料理に向き合っているような気がしてなりません。 

例えば日本の家庭では、親が子供に「ご飯に醤油をかけて食べるな」「塩をかけてそれだけで食べるんじゃないよ」「なんでもかんでもソースかけるなぁ!」
調味料にしても「そりゃかけ過ぎだ!」という、何か食材に対する尊敬とか調和みたいなものを暗黙のうちに学んでいると思うんです。

アメリカ人も母国の料理についてはある程度伝承されるものがあるのでしょうが、未体験の日本食となると違います。

例えば五目寿司に醤油を、ご飯が真っ黒になるくらいかけて「美味い」なんていう輩がいたりします。 

あの酢飯の微妙なバランスは何か物足りないんでしょうね。 寿司も一部の日本食通の人以外は、とにかく濃い味、ハッキリした味を好むようです。

昔、シンシナティで新しくオープンした寿司屋で現地にアメリカ人に大人気だという店に連れて行ってもらったのですが、とにかくシャリ(酢飯)が塩っ辛くて食べられたもんじゃなありませんでした。

「塩むすび」みたいな味なんです。


では、「日本人の服装音痴」論ですが・・・

アメリカ人は普段結構いい加減な服装をしていますが、いざとなるとその場に相応しい服装を守ります。 

1960年代の日本。VAN Jacket を立ち上げた、故・石津謙介氏が「どこでも学生服一本」の若者に投げかけた「服装はTPOに合わせて変えて楽しむもの」というメッセージも同様なのですが、投げかけた対象は特定年代に限られていました。
(ちなみに、TPO:Time Place Occasion というのは完全な和製英語です)

仕事の時、教会にいくとき、カジュアルなパーティー、ちょっとオフィシャルなディナー、等々、社交が生活の一部となっている世界では、子供の頃から折にふれて親から服装へのアドバイスがなされているそうです。

そもそも「大人の場所」という概念がハッキリしていてムヤミに子供連れではいけない場所もあるし、一方で16歳から大人の仲間入りとしての自覚も持たされるし、なによりも根底に流れる階級社会という概念があって、大人としてのアイデンティティを明らかにするために、服装という非常に判りやすい手段があるのだと思います。

行動フリーの個人旅行、新婚旅行、団体旅行の時など、さほど気にする必要はないのですが、仕事で彼らと交流するとき、服装に関して彼らから学ぶことは多いです。

日本人サラリーマンの制服、スーツにネクタイだけで通すのも無難な様で実は奇異に映るケースもありますし、パンツの上にラフにシャツを出すというワンパターンのカジュアルが浮いて見えることもあります。

日本人の服装音痴の話を、アパレル業界に働く友人と雑談した時、「でも最近の若者はその辺きちんとキャッチアップしてるぜ。それに気がつかない我々の年代の杞憂だよ。」と一蹴されました。

そうかもしれませんね。

でも、状況に応じてアメリカ人に服装のことを聞いておくに越したことはありません。 
"What attire do we have for the dinner?" とか "Would you please advise on the attire at this meeting?"

それから出張の荷物にはジャケットとスラックスを放り込んでおけばパニックに陥る危険は回避できると思います。

 <  前の記事 英語を学ぶ人に、絶対にお奨めすること  |  トップページ  |  次の記事 帰国、即オフィスへ戻らなくちゃ・・・なんて時に  >