Top > こんな手があったのかぁ > 出張先の冒険・・・(その1)

出張先の冒険・・・(その1)

とは言っても怪しい所に行くわけではありません。

日本では出来ない、自分への新しい試みをしてみようということです。

僕の場合は2つのジャンル。 ネクタイと香水です。

 先ずはネクタイですが、日本人のネクタイ感というのは一般的にアメリカと比べてかなり地味なものが好まれます。(若い人は別でしょうけどねぇ・・・)

アメリカ人の友人に「僕のネクタイへの感想、率直に言ってみて」と訊いたら、"Ugly" (醜い、不細工)という厳しいお言葉が返ってきました。 (友人ゆえの茶化しも入っていますけど、ひどい表現でしょ)

「ワイルドになる必要は無いけど、アグレッシブに自分を表現してみたら?」とのこと。

以来、出張の時には空港のネクタイショップなどで適当なお値段のネクタイを、しかも今まではしめたことのない柄や色のネクタイを買って、出張中にしてみます。

まわりはアメリカ人ばかり。 最初は少々違和感があっても、暫くすると慣れてくるから不思議なものです。

自分のファッション感覚で、食わず嫌いの部分を発見する良い機会になると思います。

チョット派手目なネクタイをした時には決まって「いいタイだね - "It's a good tie, I like it."」と声をかけてくれるのも不思議な体験ですね。

 

ショッピングモールでも手頃なお値段のネクタイショップがあるので、お土産ではなくアメリカ滞在中の目的で選んでみるといいです。

さて、ネクタイ選びは日本のお店でもやるように、シャツに当てがってみてイメージを確認するのが一般的で、本当に自分の首に締めることはしません。

では、他の衣料・・・シャツ、ジャケット、パンツ、シューズなどを試着したい時にはどうすればいいでしょう?

店員を見つけて(いわゆるデパートでは、店員の数はもの凄く少ないです。探すのが大変です)、

"Can (Could) I try it on?" (try と on のところを強調アクセントで) あるいは、"Can I try?" でも十分通じます。 "Sure" と応じて試着室を示してくれるはずです。

try on で試着になりますが、いつか一緒に出張した僕の同僚が、"I want to test wearing" と店員に迫り、これも見事に通用しました(笑)。 買い物の英語はこれでOKなんです。

さて、せっかくアメリカで買ったネクタイですが、帰国後も絞めているかというと・・・、実は日本ではチョット勇気がいる状況だったりして、7割くらいは「お蔵入り」になってます。

でも海外出張の時にはもっていけるし、そもそも高額なものではないですから後悔もしません。

それよりも、3割で残ったネクタイが中年オヤジに新しいファッションの発見をもたらしてくれたことを喜んでいます。

 <  前の記事 ドギーバッグで翌日の朝食はOK!?  |  トップページ  |  次の記事 出張先の冒険・・・(その2)  >