Top > ビジネスパーソンのお作法 > ニックネームつけてみましょう!

ニックネームつけてみましょう!

アメリカ人とのコミュニケーションを深めていくのに、ファーストネームで呼んでもらうことはある程度有効なことだと思います。

日本人の日本人たる名前をキチッと呼んでくれるアメリカ人も多いので、英語のニックネームは不要かもしれませんが、それに違和感が無いのならひとつ命名してみてはいかがでしょう?

「違和感が無い」とは、同僚やお客さんの日本人が同席している状況でアメリカ人からニックネームで呼ばれても自分自身が居心地の悪さを感じない、つまり自信を持ってニックネームが使えるなら、ということです。

例えば、総一郎という名前が呼びにくいので、スペルの「S」から Steve というニックネーム。

勇(いさむ)はすんなりとSam。

光明(みつあき)は短縮してMitz。

吉岡の姓からとって Yoshi (Yoshiokaよりずっと発音しやすい)。

容姿やイメージから付けることもあるようです。 がっしり系の体系に Hank とか・・。

私自身、アメリカの友人に「容姿やイメージからニックネームをつけたら何だろう?」
If you nicknamed me from my looks and figure, what would you call me?

と尋ねたところ、Dug (ダグ)だと言われました。 なんじゃろ?でも何気に納得・・・。

出張中の会議でよく出会う韓国の同僚。

ニックネームはJPで、名刺にも JP Won とか書いてあって、アメリカ人からJP,JPと親しく呼ばれてます。彼と一緒に来ている韓国の同僚の名刺を見ると、JC Kim とか、Steve Hong とか、呼び易い名前が並んでいます。

彼に「どうやって英語のニックネームを考えるの?」と訊くと、彼らは高校生の英語の授業でニックネーム命名をやるそうです。 これは国としての教育の一環として行われていることかどうかは不明ですが、少なくとも彼の場合は高校の授業で命名したそうです。

アメリカ人の Williams がBill、Robert が Bob、Elizabeth がBeth、Thomas がTom などは有名なところですが、私の同僚のTEB(テブ)はちょっと変わっていて、彼のフルネームである
Thomas E. Bains の頭文字をとって、Teb Bains と名乗っています。 彼の名刺もこの表記。

私は今、日本名のファーストネームそのままで呼ばれています。

今さらニックネームを付けるのもなぁ~、ちょっとタイミングを逸したなぁ~、と正直ちょっと残念な気もしています。

日本人の友人に「虎雄」というのがいるのですが、このまま Tiger と自称するには時期が悪すぎると酒の席で苦笑いしていました(笑)

   

 <  前の記事 Happy Holidays!!  |  トップページ  |  次の記事 おにぎりは、weird ?? スルメは XXX の臭い ??  >